プレハブを有効的に使う

プレハブが雨漏りする原因と対処法について

プレハブは簡易的な工法で設置できる建物の一種で、工事現場の事務所など一定の期間だけ利用する場合に適しています。
主にリース業者から借り受けて使用することになりますが、稀に雨漏りなどの不具合が生じていることがあるので事前の確認が不可欠です。
プレハブに雨漏りが生じる原因の多くは使用している建材の劣化による結合部分の歪みなので、対象の場所を塞いだり建材を交換するなどの対処が必要になります。
雨漏りはそのまま放置すると周囲の建材に湿気が溜まり、カビや建材の破損などの重大なトラブルに発展してしまう危険があります。
プレハブ全体の耐久性の低下にも繋がるので、すぐに使用を中止して適切な対処を施すことが大切です。
リース品を使用する際は価格やデザインだけで即決せずに年式や使用状況を確認して慎重に判断するように心がけます。
実際に組み立ててから水をかけて不具合の有無を確認しておくことが安心して利用するための心得です。

プレハブの雨漏りの原因を特定して治すためには

プレハブの家に住んでいる方や小屋を持っている方にとって、非常に困るのが雨漏りです。
雨が降ることによって雨漏りに気づくパターンが多いですが、修理の厄介な点の一つに、主に屋根の上での作業が必要になる事が挙げられます。
雨が降っている中屋根の上で作業をする事には危険が伴いますし、穴の開いている箇所が複数に及ぶ場合はその修理に非常に時間がかかる事がその作業を難しくします。
また、雨漏りの修理で最も大切な事は、どこから水が漏れているのかを知る必要がある事です。
屋根の下からは漏れている箇所は容易にわかりますが、屋根にのぼると小さな穴を探す作業には困難を伴います。
裏技として、ビニールシートを何枚か買ってきて屋根全体を覆うといった方法があります。
これにより屋根全体をカバーする事ができるようになりますので、漏洩している部分を特定する必要もなくなります。
ビニールシートを使っても漏れが治らない場合には、屋根以外の部分からの浸水が考えられますので、業者に相談するべきだと言えます。

2016/5/25 更新